Q:シロアリは実際に見たことがないがどうして?

A:シロアリは他のアリと違い、地表や部屋の中を歩くことはしません。

被害部分も表面を残して中身をスカスカにしてしまいます。そのため発見するのが困難で気づいたときには手遅れになることもあります。

シロアリ対策は被害が出る前に予防することが大切です。

Q:シロアリの寿命は?

A:職アリや兵アリは2~3年ですが、女王アリや王アリは10~15年といわれています。ですから被害をそのままにしておくとその間、食害は進みます。迅速な対策をお勧めします。

Q:床下がコンクリートなのでシロアリは安心?

A:シロアリは雑食性のため、木材に限らず繊維類や 革類、時にはレンガやコンクリートにも害を及ぼします。

そのためシロアリ対策は必要になります。

Q:風呂場から羽アリ(シロアリの)が出てきたが、次の日は出てこなかった。そのままで大丈夫?

A:巣の中からすべてのシロアリが羽アリになって出てくる訳ではありません。

駆除をしない限り、まだ大量のシロアリが潜んでいます。

至急対策をとることをお勧めします。

Q:最近、家の中でゴキブリを見るようになった。薬剤の効果は?

A:確かにゴキブリはシロアリ予防・駆除のバロメーターといえます。

新築時または前回の処理の薬効が切れてきたと考えられます。

ですが最近主流となっているシロアリ用薬剤にはゴキブリにはほとんど効かなくなっています。

シロアリ対策とは別にゴキブリ専用の対策をお勧めします。

Q:家の近くで羽アリを見かけたけど大丈夫?

A:羽アリには数種類あり、すべてがシロアリの羽アリではありません。

しかし、一般の人が違いを見分けるのは難しいので専門家に相談することをお勧めします。

Q:施工中は部屋にいても大丈夫なの?

A:当社の使用薬剤の特長の一つに蒸気圧の低さがあります。

そのためほとんど蒸散しないので、お部屋に上がってくることがありません。

Q:薬剤散布後は臭いがすごいと聞きますが?

A:一般的な駆除剤は希釈倍率が200倍であり臭いもほとんど無いので、臭いによる不快感を感じることはありません。

(注:被害が甚大で規定以上の量を使用した場合は、若干臭いのすることがあります。)

また、ヒバ油を用いた駆除に関しては、その芳香はアロマテラピー精神安定(森林浴)効果もあり、皆様に絶大な支持を頂いております。

Q:シロアリを駆除するのだから、施工に使用する薬剤は人体にも影響があるような感じがして、ちょと怖いです。

A:環境への負荷が少なく、人や動物への安全性も配慮し性能面においても十分な効力を有した薬剤を使用しています。

また、シックハウス症候群や化学物質過敏症のかた、妊娠中の方や静養中の方、療養中の方、寝たきりの方など、家族の健康や未来の子どもたちの為の環境の100%な安心安全を求める方のために、通常のシロアリ駆除薬剤の変わりに、天然のヒバ油そして、天然の除虫菊エキスを用いたシロアリ駆除液の用意もしております。

Q:もしかしたら白アリがいるのかも!?自分でできる白アリのチェック方法があれば教えてください。

A:もしかしたら白アリがいるのかも!?

被害箇所を発見するのは簡単ですが、シロアリの種類、被害程度、その範囲、巣の有無、その他種々の条件によって駆除方法が違いますのでご相談ください。

下記をチェックしてみてください。

  • 歩くと床がブヨブヨする。
  • 柱をたたくと空洞音(ポコポコ)がする。
  • 壁面、モルタルなどに亀裂やふくれあがった箇所がある。
  • 棟や屋根が波うったり傾いたりしている。
  • 蟻道が見える。(土でできたシロアリの道)
  • ハアリが出る。(シロアリのハアリ)
鳩(ハト)よけ、鳩(ハト)駆除、シロアリ駆除、シロアリ対策、ハクビシン駆除なら武田環境衛生|東京 埼玉 神奈川